専業主婦に保険が必要な理由

一般的に家庭の大黒柱である人には、死亡、医療共に手厚い保険に加入している家庭が多いようです。また、共働きで夫婦どちらかが働けなくなった場合、生活に支障が出る家庭は、夫婦共に補償をかけている傾向があります。
それに対し専業主婦の保険加入率は、非常に少ないのです。大手企業が幅広い年齢の専業主婦にアンケートをとったところ、専業主婦の加入率はわずか3割に満たない状況でした。その理由は、万が一の事があっても生活に支障が少ないからと答えた人が一番多く、次は補償の為の費用があるなら他に回したいと言うものでした。確かに、専業主婦に万が一の事があってもすぐに金銭面で困窮する事は少ないのかもしれないですが、長期間専業主婦がいない家庭の生活は一変します。
まず、今まで専業主婦がやってきた家事が滞るので、家族内で分担する事になります。しかし、家族内にすすんで家事を出来る人がいればいいのですが、皆が出来ない場合は、料理、洗濯、掃除を外食、クリーニング、ハウスキーパー等に頼る機会が増えてしまいます。それに加え、専業主婦の人が病気であれば医療費がプラスされるので、専業主婦が倒れると想像以上にまとまった支出が必要になってしまうのです。
そんな家族を支える専業主婦の年齢は、乳がん、子宮がん等の女性特有の病気にかかりやすい年齢が多いようです。それを考えると、困った時にしっかりとした保障を得る為、専業主婦も女性特約を含めた保険に加入した方が良いと言えることでしょう。